Cocoonの使い方やカスタマイズとオリジナルスキン

Cocoon固定ページで投稿日・投稿者情報・アイキャッチを非表示にする

スポンサーリンク
カスタマイズ
この記事は約4分で読めます。

固定ページには投稿日や更新日の情報はほぼ要らないですよね。

たとえば「お問い合わせフォーム」や「404 Not Found」、「自動生成されるサイトマップ」などに更新日があっても意味がありません。

 

今回は、固定ページの投稿日、更新日、更に投稿者情報を非表示にする方法です。

数行のCSSで簡単に消す事が出来ます。

 

デフォルト 投稿日 表示サンプル投稿日

 

デフォルト 投稿者 表示サンプル

投稿者情報

 

 

スポンサーリンク

カスタマイズ方法

簡単なCSS追記のみです。

CSS追記は以下のいずれかから行って下さい。

外観→カスタマイズ追加CSS

外観→テーマエディターstyle.css

 

すべての固定ページで非表示

投稿日・更新日のみを非表示にする場合

/************************/
/* 固定ページの日時を非表示 */
/************************/
.page .date-tags{ /*投稿日・更新日*/
display: none;
}

 

投稿日・更新日投稿者情報を非表示にする場合

/************************/
/* 固定ページの不要情報を非表示 */
/************************/
.page .date-tags, /*投稿日・更新日*/
.page .author-info{ /*投稿者情報*/
display: none;
}

 

投稿日・更新日投稿者情報アイキャッチを非表示にする場合

/************************/
/* 固定ページの不要情報を非表示 */
/************************/
.page .date-tags, /*投稿日・更新日*/
.page .author-info, /*投稿者情報*/
.page .eye-catch-wrap { /*アイキャッチ*/
display: none;
}

 

特定のページだけ非表示

日付を表示したいページもある場合は、表示したくないページのみを指定してCSSに記述する事で可能です。

 

表示したくないページのIDを調べます。

対象記事の編集にカーソルを載せる

記事編集

 

ブラウザの下部にアドレスが出るので、その「post=XX」の数字部分がユニークIDです。

以下の例なら 86

ページID

 

 

投稿日・更新日のみを非表示にする場合

/************************/
/* 固定ページの日時を非表示 */
/************************/
.page-id-XX .date-tags{ /*投稿日・更新日*/
display: none;
}

 

page-id-XX のXX部分に記事IDを入れて下さい。

 

複数ページを指定する場合は、カンマ「,」で。

/************************/
/* 固定ページの日時を非表示 */
/************************/
.page-id-XX .date-tags,
.page-id-XX .date-tags,
.page-id-XX .date-tags { 
display: none;
}

 

アイキャッチを非表示にする場合

/************************/
/* 特定ページのアイキャッチを非表示 */
/************************/
.page-id-XX .eye-catch-wrap { /*アイキャッチ*/
display: none;
}

 

 

ついでにSNSボタンの非表示

ちなみに固定ページでSNSシェアボタンを表示しない場合は、以下で。

Cocoon設定 → SNSシェア

Cocoon設定 → SNSフォロー

 

固定ページのSNSボタン

シェアボタンには ページトップとボトムの2か所に表示エリアがあるので、どちらも要らない場合は2か所のチェックを外します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました