Cocoonの使い方やカスタマイズとオリジナルスキン

コピペで!Cocoonで折れ線グラフを表示する方法「Chart.js」

スポンサーリンク
折れ線グラフ使い方

 

「Chart.js」では、棒グラフ円グラフ折れ線グラフレイダーチャートなど多彩なグラフを好きな色に設定して表示する事が出来ます。
それらを組み合わせた混合チャートも可能です。

様々なグラフのサンプルは公式サイトで見る事が出来ます。

Chart.js(公式サイト)
Chart.js ドキュメント

 

この記事は 折れ線グラフ のCocoonでの使い方です。

 

スポンサーリンク

チャートの設定方法

  • type:描画するグラフの種類
  • data:ラベルとデータセット
  • options:オプション設定

 

グラフの種類は「type」で指定します。

それぞれの詳細な使い方記事は、以下の表内リンクから。

表示サンプルtypeグラフの種類
レーダーチャートサンプルradarレーダーチャート
折れ線グラフサンプルline折れ線グラフ
棒グラフサンプルbar棒グラフ
円グラフサンプルpie円グラフ
ポーラーチャートサンプルpolarAreaポーラーチャート
ドーナツチャートサンプルdoughnutドーナツ
散布図サンプルscatter散布図
バブルチャートサンプルbubbleバブルチャート
複合グラフサンプルbar、line複合グラフ

 

Cocoonでの使い方

この記事は 折れ線グラフ のCocoonでの使い方になっています。

 

その他のグラフは以下をご覧ください。

コピペで!Cocoonで円グラフ・ドーナツチャートを表示する「Chart.js」
「Chart.js」では、棒グラフや円グラフ、折れ線グラフ、レイダーチャートなど多彩なグラフを好きな色に設定して表示する事が出来ます。 それらを組み合わせた混合チャートも可能です。 様々な...
コピペで!Cocoonで棒グラフを表示する方法「Chart.js」
「Chart.js」では、棒グラフや円グラフ、折れ線グラフ、レイダーチャートなど多彩なグラフを好きな色に設定して表示する事が出来ます。 それらを組み合わせた混合チャートも可能です。 様々な...
コピペで!Cocoonでポーラーチャートを表示する方法「Chart.js」
「Chart.js」では、棒グラフや円グラフ、折れ線グラフ、レイダーチャートなど多彩なグラフを好きな色に設定して表示する事が出来ます。 それらを組み合わせた混合チャートも可能です。 様々な...
コピペで!Cocoonでレーダーチャートを表示する方法「Chart.js」
「Chart.js」では、棒グラフや円グラフ、折れ線グラフ、レイダーチャートなど多彩なグラフを好きな色に設定して表示する事が出来ます。 それらを組み合わせた混合チャートも可能です。 様々な...
コピペで!Cocoonで混合(棒+折れ線)グラフを表示する方法「Chart.js」
「Chart.js」では、棒グラフや円グラフ、折れ線グラフ、レイダーチャートなど多彩なグラフを好きな色に設定して表示する事が出来ます。 それらを組み合わせた混合チャートも可能です。 様々なグラフの...

 

折れ線グラフ

折れ線グラフ type: ‘line’ の実装方法です。

 

コピペで使って頂けるようにコードを紹介します。

 

手順

手順
  • STEP1
    JS読み込み
    Chart.jsを読み込むコードを記述(1行のみ)
  • STEP2
    コード編集
    JavaScriptを記述(データやデザイン設定)
  • STEP3
    表示コード
    HTMLを記述(1行のみのグラフ表示用タグ)

 

Chart.jsを読み込む

以下の1行を記述します。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Chart.js/2.7.2/Chart.bundle.js"></script>

 

埋め込み場所について

子テーマの「footer-insert.php」か「head-insert.php」に記述する

外観 → テーマエディター から

tmp-user の中にあります。

 

フッターに入れた場合、ページサイズが大きい(スクロールが長い)場合など、グラフが表示されない事もあったので、ヘッダーの方が安心ですが、ページ表示速度を考慮すると フッターの方が良いでしょうか。 ご自身の判断でどちらかに★

ヘッダー ページ表示時に間違いなくグラフ表示される

フッター うまく表示されない事もある? がページ表示が速い?

 

JavaScriptを記述

記述場所

表示したいページの記事編集画面にある「カスタムJavaScript」に記述します。

カスタムJavaScript

上図の赤枠部分にカーソルを載せると拡大出来ます

カスタムJavaScript

 

カスタムJavaScript」エリアが表示されていない場合は、表示オプションで確認し、「カスタムJavaScript」にチェックを入れます。

カスタムJavaScript

 

折れ線グラフ

 

 

コードを表示
  var ctx = document.getElementById("myLineChart");
  var myLineChart = new Chart(ctx, {
    type: 'line',
    data: {
 //横軸ラベル
      labels: ['8月1日', '8月2日', '8月3日', '8月4日', '8月5日'],
      datasets: [
        {
          label: '最高気温(度)',
          data: [35, 34, 37, 35, 34], //データ
          borderColor: "rgba(200,112,126,1)",
          backgroundColor: "rgba(0,0,0,0)"
        }
      ],
    },
    options: {
      title: {
        display: true,
        text: '気温(8月1日~8月5日)' //グラフタイトル
      },
      scales: {
        yAxes: [{
          ticks: {
            suggestedMax: 40, //最大値
            suggestedMin: 20,  //最小値
            stepSize: 10, //刻み
            callback: function(value, index, values){
              return  value +  '度' //単位
            }
          }
        }]
      },
    }
  });

 

2種の表示
 

 

コードを表示
  var ctx = document.getElementById("myLineChart");
  var myLineChart = new Chart(ctx, {
    type: 'line',
    data: {
      labels: ['8月1日', '8月2日', '8月3日', '8月4日', '8月5日'],
      datasets: [
        {
          label: '最高気温(度)', //グラフ1
          data: [35, 34, 37, 35, 34], //データ
          borderColor: "rgba(200,112,126,1)",
          backgroundColor: "rgba(0,0,0,0)"
        },
        {
          label: '最低気温(度)', //グラフ2
          data: [23, 24, 27, 25, 26],
          borderColor: "rgba(80,126,164,1)",
          backgroundColor: "rgba(0,0,0,0)"
        }
      ],
    },
    options: {
      title: {
        display: true,
        text: '気温(8月1日~8月5日)' //グラフタイトル
      },
      scales: {
        yAxes: [{
          ticks: {
            suggestedMax: 40,
            suggestedMin: 20,
            stepSize: 10,
            callback: function(value, index, values){
              return  value +  '度'
            }
          }
        }]
      },
    }
  });

 

簡単解説

chart.js Line(折れ線グラフ)解説 ※外部リンク

 

1行目で記述している「myLineChart」は、任意の名称です。

同一ページ内に複数のグラフを表示する際には、この名称をそれぞれに設定します。

例:折れ線グラフを2つ表示

myLineChart1

myLineChart2

 

横軸ラベル

横軸のラベルを設定。

labels: [‘8月1日’, ‘8月2日’, ‘8月3日’, ‘8月4日’, ‘8月5日’], //横軸ラベル

 

折れ線グラフサンプル

 

データ項目ラベル

label: ‘最高気温(度)’, //グラフ1
・・
label: ‘最低気温(度)’, //グラフ2

折れ線グラフサンプル

 

 

項目数はいくつでもOKです。増やした場合は、データ内容も同数にする事をお忘れなく!

 

 

グラフデータ

実際の数値をグラフの数だけ設定します。

data: [35, 34, 37, 35, 34], //データ//グラフのデータ

 

オプション

グラフ上に表示するテキスト(グラフタイトル)と、縦軸の最小値・最大値・刻み(例では10度単位に表示)を設定しています。

  options: {
title: {
display: true,
text: ‘気温(8月1日~8月5日)’ //グラフタイトル
},
scales: {
yAxes: [{
ticks: {
suggestedMax: 40, //最大値
suggestedMin: 20,  //最小値
stepSize: 10,  //刻み
callback: function(value, index, values){
return value + ‘度’  //単位
}
}
}]
},
}

 

HTMLを記述

表示したい場所に記述します。

<canvas id="myLineChart">
</canvas>

 

注意点

表示する為のHTMLはこれだけですが、上記コードのように、

閉じるタグ(</canvas>)の前に改行を入れます。

 

WordPressの場合、タグのみの行はビジュアルエディタとテキストエディタを行き来するだけで消えてしまうのを防ぐ為です。

何かしらの文字を入れれば消えませんが、今回は文字の必要がない為、一番楽な「改行」で対応しています。

 

以上で完了です。

 

グラフが表示されない時

記述したJavaScriptとHTMLを見直して下さい。

以下の部分が同じになっている事を確認する

 

JavaScript

1~2行目

var ctx = document.getElementById(“myLineChart“);
var myLineChart= new Chart(ctx, {

 

HTML

<canvas id=”myLineChart“>

 

2つ以上のグラフを表示している場合や、他の部分で同じ名称を使っていないかを確認する

上記の解説にも書きましたが、複数のグラフを同一ページ内で表示する場合は、名称を変える必要がありますのでご注意下さい。

例:折れ線グラフを2つ表示

myLineChart1

myLineChart2

JavaScript、HTMLのそれぞれに対応して名称が間違えていないか確認。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました